ハゲてしまうと思う理由

将来俺はハゲる!頭髪の薄さと遺伝がハゲを証明している

MENU

ハゲてしまうと思う理由

私は今年で28歳になります。幸いにして今のところまだハゲてはいませんが、頭頂部がうすくなり、額の生え際が後退してきているのを年々はっきりと感じるようになりました。

 

私の父親はいわゆるM字ハゲとよばれる、額の左右から毛が無くなっていくタイプのハゲ方をしていました。

頭頂部は少し薄いくらいでハゲてはいなかったのですが、それでも私が安心できないのには理由があります。
同い年で頭頂部が完全にハゲてしまっている友人の話によりますと、どうやら男性のハゲには母方の遺伝が大きく影響を与えているそうで、事実その友人の母方の親戚はハゲているか或いは若いころから薄い人が多いということでした。
ハゲ20

そして何を隠そう私の母方の親戚にもハゲている人が多く、祖父に至っては30代にしてもうすでに完全に毛が無かったという話も聞きました。

 

そういう事情がありまして、私は、きっと自分もハゲてしまうのだろうなと半ば諦めながらそう思っています。

また以上のような遺伝的な原因が仮に作用しなかったとしても私は自分がハゲてしまうだろうと思う理由がまだ別にあります。
こちらは何かの健康についての雑誌か或いはWebページで読んで知った情報になるのですが、目を酷使することで眼精疲労が溜まることはハゲることと相関関係があるというような話があるそうです。
私は仕事とプライベートとで1日のうち、ゆうに12時間以上は液晶画面に向かっています。これは目を酷使していると充分に言えるのではないでしょうか。
ハゲ19
それに関連して、これで最後になりますが、生活のリズムが不規則だということもハゲてしまうと自分で思う理由として挙げられます。特に睡眠がとれなかった日はいつもにも増して頭髪にコシがなく明らかに根っこから弱ってしまっているのを実感します。