薄毛になるのは覚悟していたけど・・

将来俺はハゲる!頭髪の薄さと遺伝がハゲを証明している

MENU

薄毛になるのは覚悟していたけど・・

中学生くらいの頃から、自分は将来ハゲるだろうなと覚悟していました。

理由は簡単で、先祖代々薄毛の家系だからです。

父、祖父、曾祖父・・辿っていくと、100発100中で薄くなっていまして、それがまさか私の代で急に覆るとは考えにくいんですよね。とはいえ、何もせずにハゲてしまうのは、それはそれで後悔してしまいそうですからね、一応やれるだけの事はやっています。具体的には育毛剤と育毛シャンプーを使っているのですが・・。
私が将来自分がハゲると思う理由

どうも、最近抜け毛が多くなってきた気がします。

ハゲ9
以前と比べると、地肌の露出も多くなってきましたし、髪型をセットしていても、しっくりきません。もしかしてこれは、薄毛発症の兆候なのではないでしょうか。まさか、この年齢(20代後半)で、薄毛が発症するとは。私としてはですよ、薄毛になるとしても、せいぜい40代の後半くらいからだと思っていただけに、なんだかものすごくショックです。だって、20代ですよ。これから、まだまだ恋愛をしていきたいですし、ファッションや髪型だって、楽しみたかったのに・・。薄毛になってしまっては、今までのように心から楽しむことが出来ないじゃありませんか。というわけで、このところは、前述の対策(育毛剤や育毛シャンプー)に留まらず、専門医に診てもらう事も検討しています。

 

今なら、まだ初期段階ですからね、何とかなる気がするんです。

ハゲ10
これがもしも、完全に薄くなってしまってからでは、思うような改善には至らないはずで「行くなら今でしょ!」ってなもんですよ。というわけで、近いうちに駅前のクリニックに足を運び、色々と相談してきたいと思います。費用の面が少々心配ですが、(カウンセリングを通じて)信頼できるクリニックと思えたならば、出し惜しみすることなく、思い切って治療を受けたいと思います。

将来ハゲるに違いない3つの理由

ハゲ7
私が将来ハゲるだろうと思う理由は、3つあります。

 

一つ目は、遺伝的な理由です。まず、私の父親がハゲています。

完全な「つるっぱげ」というところまで行っていないのは救いかもしれませんが、頭頂部付近はかなり薄いです。父親似と子供の頃から言われましたから、父から薄毛の遺伝子を受け継いでいることでしょう。

さらに、母方の父、つまり祖父もハゲていました。

競走馬の血統でもそうであるように、「父」と「母の父」からの遺伝というものは人間でも強いと思うのです。母の父は、ツルツルでした。父も母の父もハゲているのですから、私のハゲはかなり高い確率になっていると思います。

 

二つ目の理由は、太っていることです。

肥満している人はハゲる、と見聞きします。栄養のバランスが悪い食事を、たくさん食べる。ビールやお酒を、たくさん飲む。食事時間が不規則。朝食を抜き、その代わりに昼や夜のごはんはドカ食いをする。食べて、すぐに寝る。こんな食生活では、太るに決まっています。そして、太っていれば体が健康であるわけがありません。体が健康でなければ髪は抜けるでしょうし、生えた産毛も太く育つことがないそうです。脂肪の多い食事だからなのか、皮脂の分泌も多いように思います。慢性的に運動不足ですし、太るからますます運動を避けるようにもなります。これで、髪の毛や頭皮に良いわけがありません。

 

三つ目の理由は、仕事のストレスです。

ハゲ8
このストレスは、肉体的なものと精神的なものがあるように思います。私はシフトで夜勤をする仕事を数年間続けていました。昼夜が逆転する毎日は、何年経っても慣れることはありません。昼間に寝るのは、質としても量としても十分な睡眠を得られないことが多いのです。その後、日勤の業務に復帰しましたが、今度は遅くまで残業ばかりでした。土日の休日出勤も日常茶飯事です。そのうち、嫌な先輩と一緒に仕事をするようにもなりました。ストレスは知らないうちに、どんどん積もっていきます。ストレスから病気になる人が多いように、薄毛やハゲもストレスが原因であることが多いのではないかと考えています。

 

このように、いわゆる「三重苦」が揃っているのですから、私は「自分が将来ハゲる」と確信せざるを得ないのです。